Ri-ki  海 空 ぼーっと眺めて思うこと

海に浮かんで水のポコポコ音を聞いていると懐かしい気持ちになります

計画ふっとぶ 

こんなのあり?
寝ながら考えてた、あれをして、それからこれをして
が全部ふっとんだ

せっかくの土曜日なのに

やめたー
今日はやりたいことだけしよう
顔を洗いにのそのそと起きる

大好きなMAGIC SOAP
いつもはティーツリー一択だけど気分を変えてラベンダーを少し混ぜてみた
気持ちが柔らかくなるような匂い


午後には雨が上がるといいな

    • 雨の画像が何度やってもUPできない

嫌いだから、まあいいか--

Ri-ki

くるくる回る貝

子供の頃、毎年夏休みになると三国の親戚を訪ねた
家族揃って父の運転で三国に行き2、3日泊まってみんな帰っていく
私だけそのまま残って1ヶ月近くその家の子どものように過ごした

地元の子は午前中海に入ってはいけない決まりになっていて、誰もいない海をひとり占めできた
お昼になるとおばちゃんが呼びにきてくれる
水着のまま家に上がるので、廊下にはずっと新聞紙の道ができていた
お腹がいっぱいになると急いで海に
と言っても家の目の前
私が泳いでいる姿が居間からでも見えていたらしい


午後は友達と一緒に泳ぎたかったけど、お向かいの家の仲が良かった女の子はあんまり海が好きではなかったので、もっぱら採ってきた磯ガニやしただみで遊んでいた

小さなサザエみたいな貝のふたを酢に入れるとクルクル回る

びっくりするくらい速くクルクルと

子供ごころに不思議だった

今も三国っ子は貝をクルクル回して遊んでいるだろうか
もう少しであの夏が来る


Ri-ki

去年の花火

花火好きです
浴衣を着て団扇を帯の間にさして、下駄の鼻緒がちょっと気になりながらもワクワクがおさえられない
夏ー
ていうのが、しばらく出来なくて残念

去年の花火

夏の終わりのほんの短い時間
ささやかなワクワク


Ri-ki

龍が来た

この日の雲は何だか違っていた
通勤途中、真正面から力強く陽の光が照らしてくる
目が合った 光る龍の目と

会社について間もなく電話が鳴った
そしてお昼過ぎに父が旅立った

父は辰年
龍の雲をみた時なんとなく感じていた
父をむかえに来たのかなと


Ri-ki

朝ごはん食べながら

今朝は大好きなフレンチトーストに、わりと好きなバナナを添えてはちみつもたっぷり
不格好だけど
あったかくてやさしい味に満たされる

自分をいっぱい愛して満たして
そうしたらきっと♡                    
                   

Ri-ki

人参焼き焼き

名前の通り人参焼くだけ
用意するのは人参とオリーブオイルと塩

皮のままさっと洗って輪切りにして、ただ焼くだけ
弱火でゆっくりじっくり
最後に軽く塩をふる

グラッセしたみたいに甘くて、ビールにもご飯にも合う大好きなやつ

Ri-ki